すぐ良くなるものじゃない・・・

2週間に一回の診察。

ここ三回程度、なぜか待たされる。

初診の患者が多いのか、病院ついて、30分から40分程度出てこない場合が多く、待合室に患者が溢れかえっている。

ここ最近の待ち時間は1時間30分から2時間程度だろうか。

 

診察では、家族との接し方、仕事での様子などいつものことを聞かれ・・・

その後、処方薬のについて先生に・・・

私「パキシル(パキシルCR錠25mg)の効果がよく実感できていないのだが・・・」

Dr「そうですか、それなら思いっきって違うのに変えてみるか。でも、変えたからといって、すぐよくなるものじゃないけど・・・多分、今の状態で十分効果が出ているんだと思う。処方を止めることもできるけど、あなたの場合、今の時点では不安要素がまだまだあるし、それと再発防止の観点から、今はまだやめない方がいい・・・」

 

そして、カルテをペラペラ先生が過去のカルテを見ながら今まで処方してきた薬を確認。

ジェイゾロフト⇒レクサプロ⇒サインバルタパキシルCR12.5⇒パキシルCR25mg(今)

Dr「3年前の初診から、ここまで変えてきて、今このように安定して来ているのだし、十分良くなっている証拠。今になってコロコロ変える必要ないかと・・・これでしばらく様子を見てみて・・・」

このDrの意見を聞いてなにも反論出来なかった。

確かにそうだ。薬というのはすぐ効果が出るわけでもないし。多種類飲んでもいいとは限らない。

ここのDrは、多種類の処方薬を出す人ではなく、必要最低限の種類と量しか出さない。

これはある意味不安感じるかもしれないが、服薬両方だけに依存しないここのDrの方針。私は結果的にこの方法でよかったのかもしれない。

 

診察が始まる前、最近待ち時間も長いし、前に見たいにあまり話もきいてくれないから、転院しようか考えていたけど、診察終了後、そんなこと頭の片隅にもなかった。

なんでも白黒思考ではだめなのよね。

よくそう考えてしまうけど。

 

とりあえず、今のままで様子を見てみようか。