読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年総括

2016年。正直辛くてしんどい一年だった。

 

何せやられるがままにやりすごすしか術がなかったし、思い通りどころか、意外な方向にそれてしまう一方で、もうお先真っ暗。絶望するしかなかった。

 

特に仕事面では、2015年12月にフルタイム勤務になり、やっと仕事も覚えられた思ったら、手のひら返したかのように、仕事やたら忙しくなったからと言って、その度に担当を移動させられるのは堪えるものがあった。とにかくそういう役目って、社員の人がやるものじゃないのってことをさせられたり。なんせ安くこき使うのにもほどがありすぎるって思ったし、怒りしかわいてこなかった。

 

この職場自体、今の給与体系じゃ社員に比べて、待遇にも格差がありすぎだし、割に合わないと思って転職も考えた。

 

社員は休みがトータル約30日程度(有給20日、夏季5日間、冬季2日間)、年末の最後2日間は出勤手当ともらえるのに対して、社員は、ほかの会社でよくお馴染みのスタイルの通常通り10日から最大20日程度で、夏季休暇と年末の手当はなし。

 

賞与に関しても、社員年間4.5か月分に対して、契約は年間で1か月分だから雲泥の差がある。

 

殆ど同じ仕事してて、こんなに格差ある企業はこの会社だけに違いない。

大概の企業はここまで格差ないはず。少々改良してほしい感はある。

 

文句言ってんなら転職しろ!って話になるけど、ろくに大した経験やアドバンテージがない今の自分にとって、どこも採用くれないだろう思って、とにかく苦しみながらもある程度ひたすら耐えるしかないのかなって。

 

一様社員登用制度(一般職)はある。3年勤務するとその権限が与えられる。

 

早く今の会社で社員になりたいといえども、あと2年ぐらい先の話だし、確実に社員になれる保証もあるわけでもないし。契約から正社員へ転換した人から聞いた話では、今より少し上がる程度で総合職よりも全然差があると聞いたことがあった。考えてしまう。

 

この会社で最低3年耐えるとして、その後どうするか考えないと思った。

いずれにしろ準備はしないといけない。

なにせ不安が募るばかりだ。

 

仕事面ではこんなもんか。

 

そんな苦しみながらその反面では、

 

ツイッターのフォロワーたちとちょくちょく集まったりして、飲んだりして、

 

1回だけ、九州へ旅行も行ったりしたし、初めて一人で飛行機乗ったり、そんな楽しいこともあった。

 

来年は、できれば一眼レフ買って、それもってたくさん旅行行きたいと思っている。

 

厳しいけど一か月に1回行きたいのが理想だね。

 

色々もっとたくさん楽しみたいね。