必要なのか

今年度始まって、4か月目。

落ち着いたと思ったら、また忙しくなってきた。

 

忙しいなら忙しいで、いいところもあるんだけど、

それを効率よく成し遂げる点において、

 

「自分ってほんと仕事できねえ奴だな」と思ってしまう。

 

うちの会社って、いろんな形態の雇用形式があるけど、

自分のような「契約社員」については、主にルーティーンワークが中心。

 

だから、特段期待されている部分はないものの

自分より年下の総合職の人たちの仕事ぶりを見ると、彼らは違うなと思う。

 

上司達も、彼に対して、たくさん仕事を振るし、厳しく当たることが多い。

 

総合職は、正社員のなかでも、将来的に期待されている部分が大きい。

ルールの改正や次世代システムの構成を練ったり、とにかく先進的なことをやる。

 

でも、彼らは、何とかやり遂げてしまうし、何もかも吸収が早い。

君らの頭はどうなっての?って問いかけたくなるぐらい。

 

真意は不明だが、総合職については、学歴フィルターが強いらしく、

国公立か早慶、MARCH卒が圧倒的に多いんだとか。

 

その学歴だけじゃないんだろうが、

「選ばれるにはそれなりの理由がある」って考えると

納得できてしまう。

 

彼らはまさに将来のエースたち。

 

自分のような、底辺を歩んできたのとは大違い。

 

でも、それに対して、劣等感を強く感じてしまう自分がいる。

 

悔しいしくてたまらくなったし、その中でぽつりといる自分が情けなくなった。

 

この会社に対して、自分の必要性がないと考えてしまう毎日である。

 

正直苦しい毎日である。